S邸 増改築工事(2015.7~10)

この年、もっとも難易度が高い現場だったかもしれません。旧家のS邸は、建て坪数も大きく、広い敷地で格式の高さを感じる現場でした。この現場は、減築・増築、そして間取りを変え(階段の位置も含め)という大工事!普通、ここまでいったら解体して建替えというのが、一般的かもしれません。しかし、家を支える骨組みに良質な材木が使われていたり、家自体に愛着があるなど人によって、このようにリフォームを選ぶというのは、良い選択かもしれません。しかし、このような計画の場合、図面を描く側は簡単かもしれませんが、作り手にとっては難しいケースですので、作り手側に立った図面作成力が必要となってきます。まずは、解体工事から!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(柱を残して、ガラン状態に)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(解体作業も一苦労)

既存の骨格だけ残すことによって、建物のゆがみや耐震補強ポイントが見えてきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(内部の土間もキレイ整地と掃除後、シロアリ予防処理を行いました)

いよいよ前半戦の山場、2階部分の建て方工事です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(段取り力が勝負でしたが、上手くいきました)

次に、屋根工事へと移ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(雨が降るといけないので、屋根屋さんも人数勝負で瓦を葺いていきます)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(瓦は、地場産の安田瓦仕様)

瓦を葺き終わり、屋根工事が終わると内部・外部の大工工事へバトンタッチ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(今までなかった断熱材を壁内に充填)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(窓を取付、防水防湿シートを貼って、内部への雨風の侵入ゼロに)

内部造作工事は、悪戦苦闘!既存に合わせて作っていく難しさに再三、頭を悩ませました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(現場合わせの部分も多く、大工さんが現場で墨付け・加工を行いながら作業していきました)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(差し梁は立派なものが入っていたので、そのまま利用しています)

このように随所に、良い材木を使用していますので、できるだけ残しておきたいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(外壁貼りが完了)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(内部の塗り壁も着々と進行)

工事の方は、10月半ばに入ると一気に加速していきました。引渡し前、大工さんと一緒に現場へ完成見学。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(2間続きの和室)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(明るい縁側ですね)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(各部屋には収納力の高い納戸が併設され、このような可動棚が設置されています)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(2階ホールにはミニキッチンも)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(新たな外観に変貌)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(各コンセントやスイッチなど通電確認完了)

時期の良い時に引っ越し完了。どんなふうになるだろうと不安があったかもしれませんが、出来上がりを見て、喜んでくれて良かったです。住んでいくことで、さらに愛着をもっていくのだろうと思います。

コメントは受け付けていません。