K邸 床貼り工事(2014.7)

床の一部がブカブカして、気になっていたKさん。もしかしてシロアリがいるのでは?と思っていたそうです。

ということで、床下の状態をもぐって見てみました。ところが、もぐってみて、基礎で行き止まりという結果に!肝心のブカブカした床付近までいけませんでした(泣)。ただ、床下の状態は、湿気もこもっていなく、築年数の経過した土台廻りなど良好でした。当然シロアリもいなくて一安心。
ただ、ブカブカしたの床部分は、切り取って、直接、床下も調べてみました。他の部屋と同様、床下は問題なかったので、既存の床の上に直張り方式で、リフォームしてみました。(このブカブカした床の原因は、約40年経つ建材床の耐用年数によるものでした)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(切り取った床の下地は、新たに補強材を入れておきました)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(新たに床材を貼り、雰囲気も変わりました)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(玄関の上框も専用の物があり、キレイに仕上がっています)

床を貼るだけでなく、巾木や出入り口の高さの調整など細かな部分を注意しながら工事をするのがポイントですね。

コメントは受け付けていません。