プロフィール

自己紹介(社員は、親子2人です)

澁谷 征延
澁谷 征延
(シブヤ マサノブ)
役職 所長(一級建築士)
生年月日 S48.3.31
身長体重 175cm、61kg
経歴 東京理科大学建築学科卒
建材メーカー商品開発部
地元土建会社の土方
鳶、番頭を経て現在に至る
好物 豚のしょうが焼き
十割蕎麦(細打ち)
家族 妻、長男、長女、次女

性格

自分では温厚で粘り強いと言っていますが、大雑把な面や案外おっちょこちょいで場を急いだり・・・など、まだまだ未熟なところがあるのではと思っています。他人評では、細かしくせっかちな面があるとのことですが、当の本人は意外と自覚していない。
 長所としては、人を使うことやコミュニケーション能力がすばらしいとのことなのですが、果たして本当か?

趣味・特技

試合前の
キャッチボール

草野球や筋トレなどスポーツで汗を流すのが好きで、特に草野球ではチームの選手兼監督をしています(チーム名は『北欧』)。
年間12試合位やっているのですが、投打とも強いチームなってきたので、監督のやりがいがあります(現在、身体を鍛えるモチベーションになっています)。



長年愛用のMTB
(トレック製)

また、自転車も好きで学生時代は東京から新潟の実家まで、自転車走行を計画し、厳しい三国峠を越え無事完走!
その時は、あまりに疲れて片道のみでしたが・・・。
その他にも、釣りが好きでよく釣りにも行っています。渓流・湖・沼・ダム・川・海など場所を問わず色々釣ってきましたが、一番の大物は、80cmオーバーのスズキをルアーで釣ったことがあります。



息子と川でフナ釣り

ここ数年は、ヘラブナ釣りに落ち着いています。(つれない時がほとんどだけど、結構楽しんでいます)

手の掛かる年頃(2012現在:長男6歳、長女4歳、次女2歳)の子供たちと一緒に遊ぶのも趣味の一つかもしれません。


長女と

新発田祭り編:夜になると山車(金魚大輪が名物)が祭りに彩りを添えて、沿道の観衆もヒートアップ!その人混みをかき分けている一枚。笑っているのか、嫌がっているのか微妙な表情ですね(笑)。



良き父親か

水族館編:家族で、たまにおでかけします。写真は、山形県にあるクラゲで有名な水族館にて。生き物を見るのが私自身大好きなので、今後も子供たちと行く機会が増えるかもしれません。



愛用の将棋駒

昔は将棋にはまり、自称3級と名乗っているくらい結構自信があったので、大阪でのサラリーマン時代に通天閣付近の某有名将棋センターに入り、他流試合を申し込むも、手も足も出ず全敗!(しかも飛車角落ちで)
これで目が覚め、今は楽しむ程度に・・・。
ただ駒にはこだわり、天童で買ったものを使用しています。お客様が好きであればぜひ対局しましょう。
余談:ルービックキューブを6面揃えられます。

澁谷 衛
澁谷 衛
(シブヤ マモル)
役職 相談役(一級建築士)
生年月日 S16.11.10
身長体重 165cm、53kg
経歴 新発田商高建築科卒
建設会社建築部
同社工事長、本部長を歴任
定年退職し現在に至る
好物 もち、あっさりラーメン

性格

冷静に物事に対処し、決して大衆迎合せずに強い信念で仕事に取組むので周りにいる人には、多少なりとも緊張感が走ると思います。(笑)
情に厚く、面倒見がよいのですが、この辺が案外短所。
様々な人生経験や道徳心などに裏打ちされた鋭い直感と判断力で、ハッキリと物をいうので、人により好き嫌いがわかれるところではあるけど、長所として捉えています。

趣味・特技

書道や囲碁・歴史など芸術・文化系に造詣が深く、書道に関しては有段者で先生の資格があり字が個性的(字がウマイと色々と得をするようです)。
囲碁は、地域の大会で上位に入るくらいの程度ですが意外と健闘しています。
若い頃には、剣道に夢中になっていて、自称3段らしい・・・。
最近では、植木や盆栽などの庭いじりなど楽しんでいますが昔から器用で、刃物研ぎや木工品づくり、スケッチ・水彩画など玄人はだしで、こだわりをもっています。
ただ、年による体力の衰えは大きく、かつての勢いがない(笑)。
また、地域活動の貢献度が高く、率先して地域のコミュニケーションをはかり、多忙な日々をすごしています。
図面を描く技術は他の追随を許さないほど妥協しないのですが、目の衰えとともに描くための集中力もなくなってきてきていますが、情熱がある限り続けていこうと思います。

最後に

ここまで読んでいただいた方の中には、気付いた方もいると思いますが、澁谷建築相談所の家づくりって、「そう! 実は、奇をてらわない普通の家づくりなんです」
その普通の家づくりの中で、素材や技術を生かし、小さくても実力のある建築屋を目指し、努力の日々です。

今の世の中、最初のご相談から設計・積算・見積り・取極・施工管理・検収・支払までを一貫して一人でこなすことのできる、そんな職人気質あふれる建築設計事務所は、そうありません(結構、希少価値だと思います)。

日本は世界に誇る職人大国であり、こだわりの人種でもあります。しかし、全国には同じような考え・価値観をもって、まじめに仕事をしている建築屋が少数ではありますが、存在していると思います(あなたの町にも、そんな少数派の良心的な建築屋がいればいいのですが・・・)。

しかし、そういった少数派に限り、宣伝など行なわずお客様から見過ごされるケースも多いようです。
良くも悪くも多くの業者が混在している中で、お客様のご相談に対し、しっかりと最後の完成まで付き合えるというのは、最終的には「ご縁」という部分が大事なのかと感じています。
是非、よきお付き合いができることを心から願っております。

コメントは受け付けていません。